無線機のチカラ

無線機を使う場合は資格が必要になることがあります

無線機を使って通信は始めるときは、アマチュア無線技士の免許が必要になります。主な種類は国家試験と講習会を受けて取得できるのとに分かれます。何も免許を持たないで無線をやると違法になってしまうので注意が必要です。国家資格の場合は、4級アマチュア無線から取ると楽に取得できます。1級や2級などの試験もありますが、初心者であれば4級から勉強を始めて無線の法律などの知識を身につけていけば、合格率も高まります。試験は選択肢式になっているので、比較的分かりやすい問題が多いです。しっかりと問題集を解いておけば試験に合格し、無線機を使えるようになります。4級アマチュア無線技士の扱える周波数は空中線電力10W以下の無線設備で21から30Mzまたは8MHzまで、20W以下の無線設備だと30MHzまでの電波を使用するときに限られています。その上の3級になると50W以下の無線設備18MHz以上または8MHz以下の周波数を扱えるようになります。

無線機を取り扱うためのさまざまな資格

無線機には、資格が必要なものとそうでないものがあります。たとえばトランシーバーのようなものですと、基本的には誰でもすぐに使うことができます。ただ、仕事で無線機を使おうと思っているなら、業界に合わせた資格を取得しなければならないことが多いです。総合無線通信士、陸上無線技術士、海上無線通信士など細かく分類されていて、それぞれ1級から3級まで存在しています。レベルに応じて徐々に上のものを目指していくといいでしょう。アマチュアでも無線は使えますが、ある程度以上の機材を使用しようと思うと資格が必要になります。アマチュア無線技士は1級から4級まであって、4級は非常に簡単なものとなっています。等級が上になればなるほどパワーの制限がゆるくなっていき、1級ならパワーに制限がかけられることがありません。アマチュア無線技士の1級を持っていても仕事に使うことはできませんが、自宅や車に無線機を取り付けて他人とやりとりができます。

『無線機 資格』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/t2wb3qde/tophandbagboutique.com/sikaku.html on line 63

Favorite


使い勝手の良いWEB請求書サービスです


最終更新日:2020/6/4